育てるのは簡単です

必要なものはさまざまです

薔薇

バラは昔から洋の東西を問わずとても人気のある植物です。
バラは可憐な花を咲かせるので、育て方は難しいというイメージがありますが、実際にはそれほど難しくはありません。
バラを育てるのに必要なものは専用の培養土や肥料です。
この2つがなければすくすくと育つことはありません。
また、花台も必ず用意しておきましょう。
花台は夏の季節のときに役立ちます。
照り返しの厳しい季節だと根元が傷むことがあります。
それを防止したり、湿気を逃がしたり、害虫が入ってこないようにするなど、利用目的は多様です。
さらに、忘れてはいけないものが専用の混合薬剤です。
特に、育て方について知識があまりない初心者は必須です。
もちろん、無農薬で育ててみたいという向きもあるでしょうが、混合薬剤を使用する方が手間がかからなくて便利です。
他にも、細かいものとしてハサミ、ジョウロなどもあればいいでしょう。
バラの育て方のポイントは1つです。
慎重に水やりをすることです。
バラは乾燥すると枯れてしまいますが、土が常に湿っている状態でも枯れます。
そのため、毎日バラの状態や土が湿っているかどうかなどをチェックした上で、必要だと感じたときに水やりをするのがコツです。
初心者の人は土の表面が乾いていたら水やりをするといいでしょう。
水やりをする日は朝と夕方の2回に分けることをおすすめします。
1回で多量の水分を吸収してしまうとバラの育ちが悪くなることがあります。
バラの育て方は決して難しいものではありません。

育てる時には注意が必要

花

ガーデニングを趣味として行なっている女性も沢山います。
ガーデニングでは、様々な品種の花を育てることが可能となっていますが、特に人気となっているのがバラです。
この花は知らない人がいないほどに非常にポピュラーな花で、実際に目にした事があるという人も少なくないです。
赤やピンク、白等の花を咲かせるのですが、基本的に花びらの枚数が多くて豪華な花を咲かせる品種が多いと言えます。
また独特の芳しい香りを持っているのも魅力の一つで、香水等にバラの香りを用いる事も珍しくないです。
とても人気の高い花なので自分の家の庭等で育てたいと希望する人も多いのですが、正しい育て方をする事が大切になります。
バラの育て方のポイントの一つ目として苗の購入があり、これは比較的育てやすい大苗というタイプを選ぶのが望ましいです。
大苗とは別に新苗というものもありますが、こちらは育てるのが難しく花が咲くまで数年を要する事になります。
また苗を選ぶ際には葉が鮮やかな緑色をしていて、全体的にどっしりと思いものを選ぶとよく育つと言われています。
バラの育て方のポイント二つ目については水や肥料の与え方が挙げられ、普段から充分に気を配る必要があります。
バラは乾燥し過ぎても水が多過ぎても良くないので、土の表面が乾いたら適量を与えるのが良いとされています。
またバラは多くの肥料を必要とするという特徴も持っているため、たっぷりと与える事が大切になります。
それ以外にもバラの育て方のポイントとしては病害虫の予防も重要で、こまめにバラの状態を確認しつつ対策をする必要があります。

風通しの良い場所で育てる

園芸用品

バラは、プレゼントに最適な美しいお花です。
育て方をしっかり理解しておけば、どなたでも立派なバラに育て上げる事が可能です。
ここでは、大事なポイントを紹介したいと思います。
まず最初に行う事は、バラの苗と苗を育てる為の土や鉢を入手する事です。
苗につきましては、大苗と新苗があります。
どちらも特徴があって育てる期間も異なります。
初心者にとっては、大苗の方が育てやすいのでお勧めしやすいです。
鉢は、十分大きいサイズを用意しましょう。
また土は、バラを育てる上でとても重要です。
バラの育成に向いた土を選ぶ事をお勧めします。
これらを用意しましたら、バラの育て方として第一段階が終了です。
第二段階は、バラを鉢へ植える手法を取得する事です。
まず鉢の半分程度まで土を入れます。
そして苗を置いてさらに土をかぶせていきます。
その後水やりを行えば、この段階の育て方は終了となります。
その後は、土が乾く都度水やりを行って土が湿っている状態を保たせます。
また害虫対策の為にも、風通しの良い場所を確保する事も大事な育て方のポイントです。
もし、カビが発生してる箇所を見つけた場合は、速やかに切り取りましょう。
バラの剪定も、大事なポイントです。
剪定を行う時期は、夏と冬になります。
夏の剪定は、枯れ葉や枯れ枝の切り取りが主な目的です。
そして冬の剪定は、余計な枝を切り落として花を咲かせたい枝だけを残すようにします。
これらの育て方をしっかり押さえておけば、見事なバラを咲かせる事が出来るでしょう。

花を長く楽しむために

フラワー

バラの育て方で重要なのは、土管理です。最適な土の条件とは、保水力、保肥力、空気の三要素が均等にバランスが取れていることです。また土に含まれる病害虫や菌は、あらかじめ消毒しておくことが必要です。適切な土管理によって、長期間、綺麗なバラを楽しむことができます。

もっと読む

初心者でも育てられる種類

園芸用品

花の女王とも呼ばれることのあるバラは、憧れる人も多くて世界中に愛好家が存在していますが、種類によっては育て方が難しく、なかなか初心者が育てるにはハードルも高い場合もあるので、初心者は品種選びを慎重に実施しましょう。

もっと読む

育てるのは簡単です

薔薇

バラの育て方は比較的簡単です。水やりを慎重にすればすくすくと育ってくれます。栽培するのに必要なものは培養土と肥料です。また、夏対策や害虫対策として花台も用意しておきましょう。初心者の人は混合薬剤も購入しておくことをおすすめします。

もっと読む