花を長く楽しむために

土管理が大切

フラワー

バラの育て方は一般に難しいと思われがちですが、ポイントを押さえれば、どんな方でも手軽に栽培することが出来ます。
バラの育て方として最も重要なのは、土管理です。
この土管理を怠ってしまうと、バラにとってストレスを与えることになり、花付きや花色が悪くなったり、最悪の場合、枯れてしまうことも少なくありません。
まずバラにとって最適な土の条件とは三つあり、保水力、保肥力と空気です。
土が乾燥しやすいと、バラが十分に給水できず、萎れる原因となります。
保肥力が弱いと、水やりとともに肥料が鉢底から流出してしまい、花付きが悪くなります。
また、土が空気を含んでいない場合、根が窒息し、株が枯れてしまうことがあります。
なので、この三要素がおよそ均等であることがバラにとって最適な土の条件となります。
さらに育て方として重要なのが、新鮮な土を用意・使用することも大切です。
古土はバラにとって有害な病害虫や菌、線虫などを含んでいる場合があります。
これらの病原体は茎に瘤を作ったり、花や葉に斑をつくるなど、鑑賞価値を著しく低下させたり、枯死の原因となることもあります。
そのため、古土を再利用する場合には、黒いポリ袋に入れて太陽熱消毒するか、もしくは沸騰した熱水をかけるなどして、事前に殺菌・殺虫しておくことがポイントです。
バラの育て方は土管理を適切に行うことで、花付きや花色もよく、長期間、花を楽しむことができる上、株の寿命も長くなります。

専用肥料が便利

女の人

バラは育て方によって花付きや花の大きさが変わってきます。
春や秋に多くの花を咲かせたければ、適切な時期にバラの花の成長に必要な肥料を与えることが大切です。
肥料としてまず思いつくのが腐葉土や牛糞という人もいますが、これらはどちらかというと土壌を改良して土の質を良くする働きをします。
バラの成長を助けるのは窒素やリン酸、カリなどがバランス良く含まれているものです。
窒素は葉を育て、リン酸は花付きを良くする働きをし、カリは根や茎を丈夫にしてくれます。
この中のどれが不足してもきれいな花を咲かせることはできません。
バラ専用肥料も販売されているので、そういった物を使用すると株の管理も楽になります。
鉢の大きさや株数によって与える量も明記されているので、育て方がまだ良くわからない初心者でも簡単に使用できます。
固形肥料の他に効果が早く現れる液肥などもあります。
肥料を与える時期は1〜2月、3月中旬〜下旬の間、6月と9月です。
1〜2月に与える肥料は元肥といって年間を通じて株の成長を助ける土台となる働きをします。
3月中旬〜下旬に与える肥料は芽の成長を助け春に咲く花のつぼみを作ります。
6月と9月に与える肥料はお礼肥といって花を咲かせて疲れた株を回復させるために施します。
お礼肥は花が終わってから与えるものと思っている人もいますが、花が咲いている最中に施したほうが効果的です。
正しい育て方を知ってバラの世話をすると、丈夫で病気にもかかりにくい株に育てることができます。
肥料のやり方の他にも剪定の方法など育て方を学ぶことが大切です。

植える場所にあった種類

植物

バラはガーデナーの多くが一度は挑戦してみたい植物です。
しかしながら、育て方が難しいと感じる人も多いため、躊躇してしまう人も多いのです。
実際には正しい知識と育て方を実践することによって、とても簡単に美しいバラを咲かせることができます。
バラの苗は種類によって、価格が異なります。
一般的に5月ごろに新苗がホームセンターなどで販売されます。
また秋から冬にかけては大苗と呼ばれる2年目やそれ以上のバラの苗が販売されます。
新苗は大苗に比べると同じ品種であっても比較的安価に購入することができます。
大苗に比べると育て方が若干難しい苗であるため、初心者の場合には多少価格が高くても大苗を購入することをおすすめします。
また、一口にバラといっても樹形や花の形は様々です。
つるバラは2メートル以上に成長するタイプのものもあるため、育て方としてはアーチやトレリスに仕立てる形になります。
自身が植えたい場所に十分なスペースが確保できるかを判断した方がよいタイプです。
一方、シュラブタイプは横に伸びていくタイプのバラになります。
こちらもフェンスなどに誘因すると美しく咲かせることができます。
このようにバラの種類によって、ある程度のスペースが必要になる場合もあるため、購入したいバラの生育を把握して購入することをおすすめします。
バラの育て方として重要なのは水切れを起こさないことと、肥料切れを起こさないことです。
生育に適した土壌を作ることで、美しい花を咲かせることができるのです。

花を長く楽しむために

フラワー

バラの育て方で重要なのは、土管理です。最適な土の条件とは、保水力、保肥力、空気の三要素が均等にバランスが取れていることです。また土に含まれる病害虫や菌は、あらかじめ消毒しておくことが必要です。適切な土管理によって、長期間、綺麗なバラを楽しむことができます。

もっと読む

初心者でも育てられる種類

園芸用品

花の女王とも呼ばれることのあるバラは、憧れる人も多くて世界中に愛好家が存在していますが、種類によっては育て方が難しく、なかなか初心者が育てるにはハードルも高い場合もあるので、初心者は品種選びを慎重に実施しましょう。

もっと読む

育てるのは簡単です

薔薇

バラの育て方は比較的簡単です。水やりを慎重にすればすくすくと育ってくれます。栽培するのに必要なものは培養土と肥料です。また、夏対策や害虫対策として花台も用意しておきましょう。初心者の人は混合薬剤も購入しておくことをおすすめします。

もっと読む