育てやすくするには

毎日のお世話に手をかける

バラ

バラは育て方が難しいと思われる人が多いですが、正しい育て方をしていけば失敗のリスクも少なくなります。
手を加えるほどきれいな花を毎年咲かせてくれるので、バラのある玄関先や庭は一気に華やかな雰囲気となります。
バラを初めて育てる人には、大苗を選んでいくのがおすすめです。
大苗は新苗と比べて価格が多少高くなりますが、植え替えた土にしっかり馴染めば丈夫に育ってくれるメリットがあります。
バラの育て方の基本はまず苗選びから始まり、それにふさわしい土を一緒にそろえていくようにします。
バラを植える場所としては、鉢でも庭でも日当たりのいい場所が適しています。
水やりは乾燥を嫌うので暑い時期は最低でも1日に1回は行うようにしなければいけませんが、湿った土もバラの成長には悪影響です。
そのため、適度な水分量が大切で、土の状態を常にチェックすることが大切です。
バラの育て方で気を付けたいのが、剪定です。
バラは定期的に選定を行うことで、きれいな花がたくさん咲きます。
選定を行わなければ花の数が少なくなったり、見た目が悪くなってしまう可能性が出てきます。
剪定は、夏と冬の年に2回行っていけば問題ありません。
枯れた枝や弱い枝を切り取っていき、全体のバランスを考えて行っていけば見た目もより美しくなります。
剪定を行うことでバラの美しさが一番引き出されるため、忘れずに手をかけていきたいところです。
以上のような育て方で、難しいと感じていた部分も解消されます。
苗や水やり、剪定などに気を配っていけば、誰でも簡単に育てられるようになれます。

しっかりとした剪定が大切

ガーデン

バラはガーデニング初心者から上級者まで幅広く人気があります。
これからバラ栽培を検討している場合は5月が最適です。
5月は花屋さんに開花株が沢山並ぶ季節です。
開花株は蕾や花がついているので、購入後すぐに綺麗な花を楽しめます。
また開花株は初心者が育てやすいことがメリットです。
育て方は一度覚えてしまえば、毎日の作業もないので楽しみながら出来るようになります。
購入した開花株の地植えは6号から8号鉢に植えて育ってからです。
地植え後の育て方は、まず日当たりと風通し・水はけが良い場所に元肥を入れてバラを植えます。
通年で一番大切なのは冬に与える寒肥です。
地植えでは春に開花した後に株の成長が開始します。
根元付近や枝から元気のよい枝が出てきます。
この枝はシュートと呼ばれ剪定が必要です。
何年も経過したバラには世代交代が必要になりますが、その時は根元から出たシュートを残し、主幹として育てることになります。
剪定は主幹の寿命や見た目を左右するので欠かさず行なうことになります。
全てのバラに言えますが不要なシュートを剪定すると、見違えるように新しい枝が自由に伸び始めます。
春の開花後に思い切りよく剪定すれば、沢山の枝が伸びて多くの蕾をつけることになります。
シュートを放置すると丈が高いだけの木になり、頭上よりはるかに高い位置で開花していしまいます。
立派なバラの育て方は意外に簡単です。
育て方が難しい・数個しか蕾がつかないと思われていますが、手入れさえ施せばバラ園のように開花させることが可能です。

意外と実用性がある

庭

バラは美しく飾るだけでなく、花びらをジャムにしたり乾燥させてドライフラワーとして飾ったり、ポプリにしたりとたいへん実用性のある植物です。
花弁からはローズオイルという精油がとれます。
これは主に水に溶かして化粧水やボディローション、シャンプーの香りづけなどに使われます。
また、花弁を蒸留して香水やアロマテラピーに使われます。
バラの素晴らしい芳香が多くの女性たちを魅了してきました。
中東やインドではアイスやクッキーなどのデザートの香りづけにも使われています。
一般的に栽培されているバラは野生の野バラの改良種です。
育て方にもポイントがあります。
まず、水だけは欠かさないでください。
夏場に30度を超えるときに鉢上を購入したら、涼しくなるまで植え替えは控えます。
バラの苗は冬場に寒さで地面が凍らない限り、1年中いつでも植え替えが可能です。
地面に植える場合は50センチ四方に畝を作ります。
そしてたっぷりの水を土に含ませるようにします。
とにかくバラの育て方のポイントは水を切らさないことです。
バラを植える場所は、少なくとも1日に4時間は日光が当たり、根っこが他の植物の根とかち合わないところです。
例外としてランブラーという植物だけは共存させても大丈夫です。
バラは養分と水分をたっぷり含んだ土を好みますが、どんな土壌でも育つ強さを持っています。
バラの育て方で重要なのが肥料です。
深さ50センチまで行き渡るように、たっぷりの有機肥料と完熟たい肥を半分ずつ混ぜて与えます。
肥料を切らさないこともバラの育て方の大切な注意点の1つです。

花を長く楽しむために

フラワー

バラの育て方で重要なのは、土管理です。最適な土の条件とは、保水力、保肥力、空気の三要素が均等にバランスが取れていることです。また土に含まれる病害虫や菌は、あらかじめ消毒しておくことが必要です。適切な土管理によって、長期間、綺麗なバラを楽しむことができます。

もっと読む

初心者でも育てられる種類

園芸用品

花の女王とも呼ばれることのあるバラは、憧れる人も多くて世界中に愛好家が存在していますが、種類によっては育て方が難しく、なかなか初心者が育てるにはハードルも高い場合もあるので、初心者は品種選びを慎重に実施しましょう。

もっと読む

育てるのは簡単です

薔薇

バラの育て方は比較的簡単です。水やりを慎重にすればすくすくと育ってくれます。栽培するのに必要なものは培養土と肥料です。また、夏対策や害虫対策として花台も用意しておきましょう。初心者の人は混合薬剤も購入しておくことをおすすめします。

もっと読む